菅義偉官房長官は26日、ライブハウスなどを営業する関係者と国会内で面会し、新型コロナウイルス感染拡大を防止するために営業を停止した際の補償を求める要望を受けた。菅氏はその後の記者会見で「できるだけ支援できるよう検討を進めている」と述べた。

要望書は、ライブハウスなどは「今は何よりも感染拡大防止が重要だと考えている」と強調。営業停止に伴う経済的負担は非常に大きいとして、休業日数や会場の規模に応じた補償を求めた。

関係者によると、菅氏は面会で「一軒もつぶさせない」と述べた一方、「特定の業界だけの支援は難しい」とも語った。(共同)