中国外務省は26日、外国人は有効な査証(ビザ)や居留許可証を持っていても、28日から中国に入国できなくなると発表した。

世界各地で新型コロナウイルス感染症が急拡大する中、事実上の“鎖国”状態にして外国からのウイルス流入を防ぐ。日本人の場合は既に観光旅行のビザ免除措置も停止されており、実質的にほとんどの人が中国に渡航できなくなる。

北京時間の28日午前0時(日本時間同1時)から適用。「感染症に対応するために取らざるを得ない臨時の措置」と説明しているが、期限は示していない。外交官らは対象外となる。

貿易や人道支援などで必要な場合はビザを申請できるとしているが、審査基準は不明。日本に一時帰国している多くの中国駐在員も28日以降は中国に戻れなくなる。

中国政府は最近、国内の感染状況が落ち着きつつあると強調している。被害が深刻な湖北省武漢市でも新たな感染者が確認されない日が増えており、新規感染者の多くは外国から入国した人だとしている。

中国共産党は26日の会議で「(世界で)感染の大流行が加速している」と分析し、空港や港などでの水際対策を、さらに進める方針を確認した。地方都市では、入国した中国人や外国人に対する隔離措置なども強化している。

中国民用航空局も26日、外国航空各社は中国路線を1社当たり1路線に絞り、運航は週1回に限るよう通知した。国内の航空各社にも各国との航路を1社当たり1路線までとし、往来は週1回までにするよう求めた。29日から適用し、国際線の便数を最低限に抑え込む。(共同)