新型コロナウイルスの感染が拡大する中、英各地で感染者のケアに尽力する医療関係者らに敬意を表し、26日午後8時ちょうどに一斉に拍手を送ろうという呼び掛けがインターネット上で広がり、多くの市民が応じた。エリザベス女王やジョンソン首相も加わった。

「ケアラー(世話をする人)たちに拍手を」と名付けられた呼び掛けはロンドンの市民らが発案。英国では感染防止のための外出規制が敷かれているため、人々は自宅の玄関先や窓から一斉に拍手を送り、その様子を動画に収めてソーシャルメディアに投稿した。

ジョンソン首相も官邸前で拍手し「新型ウイルスと格闘する医師や看護師らに国を代表して感謝したい」とツイッターに投稿。エリザベス女王は感謝を伝えるメッセージをツイッターなどに寄せ、現在滞在中のウィンザー城でスタッフらが拍手する様子を投稿。別の動画では、ウィリアム王子の3人の子どもたちも笑顔で拍手した。(共同)