ソフトバンクグループ(SBG)が18日発表した2020年3月期連結決算は、純損益が9615億円の赤字(前期は1兆4111億円の黒字)となった。赤字額は1981年の会社設立以来最大で、通期の赤字は05年3月期以来15年ぶり。投資先の米共有オフィス運営会社「ウィーカンパニー」の業績悪化で多額の損失を計上した。

20年1~3月期純損益は1兆4381億円の赤字だった。東京電力(現東京電力ホールディングス)が東日本大震災発生時の11年1~3月期に計上した赤字額1兆3872億円を上回った。

出資していた衛星通信ベンチャー企業が新型コロナウイルス感染拡大の影響で経営破綻したことも響いた。傘下で運用する巨額ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を通じた投資事業の損失は約1兆9千億円に達した。売上高は前期比1・5%増の6兆1850億円だった。

孫正義会長兼社長はインターネットを通じた決算説明会で「ファンドが大きなマイナスで経営の足を引っ張った」と強調。重点的に投資してきた新興企業が「大きな苦戦をしている。大変な危機だ」と説明した。(共同)