新型コロナウイルスに感染し、7日に退院した金沢市議会前議長の松村理治市議(69)=自民党金沢市議員会=が、自宅待機中にもかかわらず、石川県の休業要請の対象となっていたパチンコ店を利用していたことが20日、分かった。松村氏は同日、共同通信の取材に「どれぐらい人が(店に)いるか、世の中の流れを見ておこうと思った。浅はかだった。反省している」と事実関係を認めた。

松村氏によると、19日午後2時すぎに金沢市内の店を訪れ、3時間ほどパチンコをしたという。松村氏は4月4日に感染が判明。県内の病院に入院し、5月7日に退院していた。退院する際、医師から2週間程度は自宅で待機するよう指示されていたという。

自宅待機を理由に公務を自粛しており、15日の市議会総務常任委員会も欠席していた。石川県のパチンコ店への休業要請は20日から解除されたが、パチンコをしたのはその前日だった。

松村氏は「軽率だった。至らない点は市民に謝らないといけない」と述べ、議員辞職については否定した。

金沢市議会の野本正人議長は20日、記者団に「本人の置かれた状況を考えると遺憾だ」と述べ、早急に事実関係を確認する考えを示した。(共同)