野党は22日、賭けマージャン問題による黒川弘務東京高検検事長の辞職を巡り、森雅子法相は引責辞任すべきだと要求した。

立憲民主党の逢坂誠二政調会長は衆院法務委員会で、森氏が安倍晋三首相に進退伺を提出したことに触れ「進退伺ではなく、辞表を出したほうがいい」と追及。森氏は首相から慰留されたとして拒否した。

逢坂氏は、異例の定年延長までした黒川氏の不祥事による辞職の経緯に言及し「森氏は閣僚の要件を欠いている。自ら『辞める』と言った方がいい。人事の失敗で責任を取らなくてはいけない」と強調した。

立民などでつくる会派で無所属の階猛氏も、黒川氏が訓告処分となったことに関し「極めて軽い処分でお茶を濁そうとしている」と批判。「信頼回復は森氏にはできない」と迫った。(共同)