政府は22日、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に、新聞記者らと賭けマージャンをしていた東京高検の黒川弘務検事長(63)の辞職を閣議で承認した。天皇が裁可して正式に認められる。黒川氏は21日、軽率な行動だったとし、辞表を提出していた。

森雅子法相は22日の記者会見で、安倍晋三首相に21日夜、進退伺を提出したと明らかにした。首相は「検察の損なわれた信頼を回復するために、引き続き職務に当たってもらいたい」と慰留したという。

森氏は会見で「(黒川氏の定年延長の)閣議請議を提出した立場で責任を痛感している」と述べる一方、「非常につらい道だが、法務行政を停滞させることなく進め、検察の立て直しをしなければならないという思いに至った」とし、辞任しない意向を示した。

黒川氏はコロナ禍の5月を含め、産経新聞記者2人と朝日新聞の元記者1人を交えた4人で、賭けマージャンを繰り返しており、21日に訓告処分を受けた。後任は、名古屋高検の林真琴検事長(62)を軸に調整が進められている。

安倍政権は2月に定年退官するとみられた黒川氏の定年を法解釈の変更で延長し、波紋が広がっていた。その渦中に辞職することになり、政権はダメージを受けることになった。(共同)