「スーパードルフィン」の愛称で親しまれた全日空のボーイング737-500が14日午後の福岡発羽田行き254便を最後に引退した。

1995年、国内線向けに就航。126席で小回りの利く機体を生かし、グループで計25機がローカル路線を中心に活躍。航空機の寿命とされる20年程度が過ぎ、順次退役が進んでいた。

ラストフライトとなった機体の総飛行時間は4万5000時間超。エンジンを覆う「エンジンカウル」にイルカがペイントされたおなじみの姿で、航空ファンらで満席だった。小雨が降る羽田の展望デッキはカメラ姿のファンが埋め尽くした。

運航したANAウイングスの大山聖二機長(64)は、自らも定年退職前のラストフライト。「この機体のおかげで、北海道から沖縄までいろいろな景色を見せてもらった」と話した。

全日空によると、スーパードルフィンの愛称は、当時の運航会社のエアーニッポンが社内公募で選んだ。流線形で小ぶりの形状がイルカを連想させることが愛称の由来。福岡-小松、大阪(伊丹)-高知、札幌-仙台などの路線で運航した。

ボーイング737-500の後継に当たる737-800は現在も国内各社が運航。全日空が導入予定だった最新の737MAXは、2度の墜落事故があり、世界で運航停止が続いている。(共同)