河井案里参院議員(46=広島選挙区)が初当選した昨年7月の参院選を巡り、票の取りまとめなどを依頼する趣旨で地元の広島県議らに現金を配ったとして、検察当局は18日、公選法違反(買収)の疑いで、夫で前法相の河井克行衆院議員(57=広島3区)と案里氏を逮捕した。

克行氏は首相補佐官を務めるなど安倍晋三首相に近く、案里氏の参院選出馬は官邸、自民党本部が主導した。夫妻が同時に刑事責任を問われる事態となり、安倍政権へのダメージは必至だ。

夫妻は自民党に離党届を提出し、17日に受理された。これまでの任意聴取に買収行為を否定している。(共同)