菅義偉官房長官は22日の記者会見で、与野党幹部から衆院解散に関する発言が相次ぐ中、通常国会が17日に閉会した後に解散の雰囲気を感じるかどうかを問われ「全く感じない」と述べた。

衆院解散を巡っては、安倍晋三首相が20日に「政治家は常に意識している」と発言。自民党の森山裕国対委員長も同日「今年あるかもしれない」と語るなど臆測が広がっている。

首相は国会閉幕を受けた18日の会見で「解散は頭の片隅にもない」としつつ、必要があれば「ちゅうちょなく」踏み切る意向を示した。(共同)