18歳未満の未成年女性にわいせつな画像を撮影させたなどとして、航空自衛隊北部航空方面隊(青森県三沢市)が北部航空警戒管制団第37警戒隊(岩手県山田町)の30代男性1等空曹を停職30日の懲戒処分にしていたことが23日、分かった。1曹は事実関係を認め「後悔し、深く反省している」と話しているという。

第37警戒隊によると、1曹は2018年7月に2回にわたりスマートフォンのアプリで女性にわいせつな画像を撮影させ、自身のスマホに送らせた。1曹は19年8月、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造など)の罪で罰金30万円の略式命令を受けた。(共同)