岐阜県警関署は29日、爆破予告文を関市役所の支所に郵送したとして、威力業務妨害の疑いで、関市の市議太田博勝容疑者(67)=同市広見=を逮捕した。認否は明らかにしていない。

逮捕容疑は、爆破予告文を市役所の上之保事務所に郵送、5月7日午後2時50分ごろから午後4時40分ごろまでの間、市職員に爆発物の捜索をさせ、本来の市役所業務を妨害した疑い。

署によると、予告文には同事務所や本庁舎に爆発物を仕掛けた旨が書かれていた。同日午後2時半ごろまでに予告文が届き、職員から110番があった。市内の防犯カメラを調べるなどしたところ、太田容疑者が浮上した。

市によると、予告文に特別な要求はなかったという。5月1日にも同様の予告文が届き、県警に通報していた。

太田容疑者は2003年4月に初当選し13~15年に議長を務めた。

市議会の波多野源司議長は「事実であれば誠に遺憾なことであり、市民の皆様にご迷惑とご心配をお掛けしたことを深くおわび申し上げる」とのコメントを発表した。(共同)