宮城県警は29日、石巻市で2011年5月19日に見つかり、東日本大震災の犠牲者として収容した遺体の身元が同市の無職阿部きうさん(当時99)と判明したと発表した。

県警によると、遺体は、自宅から南東約13キロの石巻市竹浜の入り江で漁師が発見した。死因は不詳。

阿部さんと複数の親族の遺伝子情報が一致したことや、県警が骨格を基に作った似顔絵などが決め手になった。

親族は「伯母を供養でき大変うれしい」とコメント。県警は「年々、犠牲者の身元に関する情報が減っている。似顔絵に似ているというだけでも情報を寄せてほしい」としている。石巻市が7月2日に遺骨を親族に引き渡す予定。(共同)