島津製作所は30日、企業の海外渡航者向けに新型コロナウイルスのPCR検査を始めたと発表した。一部の国で渡航規制が緩和されつつある中、海外出張で陰性証明を必要とする人向けに事業を拡充する。保険適用外で、費用は1人当たり約4万円。

島津は6月初旬にPCR検査事業に参入し京都府や京都市から検査を引き受けているが、国内の感染者がピークを過ぎて能力に余裕があることから、ビジネス需要にも対応する。

御池クリニック(京都市)と協力し、病院が検体の唾液を採取し、島津の子会社、島津テクノリサーチ(京都市)がPCR検査を実施する。

御池クリニックによると、結果を示す証明書の発行には通常3日程度かかる。(共同)