放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は30日、オウム真理教事件の松本智津夫元死刑囚らの死刑執行を報じたフジテレビの特番を巡り、松本元死刑囚の三女が「執行をショーのように扱った」と申し立てた事案で、「人権侵害も放送倫理上の問題もない」との見解を示した。

番組は2018年7月の「FNN報道特別番組 オウム松本死刑囚ら死刑執行」。拘置所からの中継などを交え、松本元死刑囚ら7人の執行を速報。死刑囚の顔写真を並べたフリップに「執行」シールを貼るなどした。

人権委は、番組を「公共性の高い出来事を、公益目的で放送した」と認定。シール貼付は「事実を迅速、正確に伝えるのに必要かつ相当な手法」と指摘し「ことさらショーのように扱ったものではない」と判断した。(共同)