三重県警鈴鹿署は30日、鈴鹿サーキット(鈴鹿市)でレース用の自転車(ロードバイク)を盗んだとして、窃盗の疑いで、大阪府松原市の会社員山下敬介容疑者(40)を逮捕した。

逮捕容疑は2019年11月9日、鈴鹿サーキットの国際レーシングコース内で、立てかけてあった愛知県小牧市の自営業男性(51)のロードバイク(時価約50万円)と、富山県高岡市の男性医師(52)のロードバイク(時価約100万円)の計2台を盗んだ疑い。

鈴鹿署によると、鈴鹿サーキットでは同日、自転車の競技大会「第20回スズカ8時間エンデューロ」が開催されており、盗まれたロードバイクの所有者2人は大会に参加していた。

鈴鹿署によると、山下容疑者は「売却してお金を得るために盗みました」と容疑を認めている。ロードバイクはそれぞれ十数点に分解され、部品がインターネットオークションに出品されているのを被害者の関係者が見つけ、同署が押収した。山下容疑者は、50万円ほどの売り上げを得ていたという。

レース参加者以外がコースに入るのは難しいといい、鈴鹿署が侵入方法などを調べている。(共同)