東京・永田町の首相官邸前の交差点で6月、安倍晋三首相が乗った車列に向かって路上へ飛び出し、制止した機動隊員を転倒させたとして、警視庁麹町署は1日、公務執行妨害の疑いで、都内に住む会社員の男(63)を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。

男は「車列を止めて、首相に直接『辞職してくれ』と抗議したかった」と供述しているという。男は2月3日夜にも東京・築地の路上で首相車列を追い掛け、警察官に取り押さえられていた。

書類送検容疑は6月8日昼、官邸前の交差点を車列が通過する際、ガードレールを乗り越えて車列に駆け寄り、制止に入った機動隊員を転倒させるなどした疑い。隊員にけがはなかった。男は倒れて頭部を打つなど軽傷を負った。

捜査関係者によると、男はこの日午前から、官邸前で自作パネルやギターを使うなどして、首相退陣を求める抗議活動をしていたという。(共同)