東奥日報社(青森市)は1日付朝刊に社告を掲載し、9月1日から夕刊を休刊し、朝刊に統合すると発表した。8月31日付が最後の夕刊となる。購読料は現行の月額3400円(税込み)を維持する。

社告は「朝刊のページ数を増やし、新たに地域に寄り添った企画・連載を展開し、これまで以上に親しみやすく、分かりやすい紙面を目指す」としている。

休刊の理由としては、原材料費、輸送コストの上昇や人口減による購読者減少に加え、新型コロナウイルスの影響で折り込み広告が激減し、新聞販売店の経営が圧迫されていることなどを挙げた。