関西空港に近い大阪府泉佐野市のホテル「スターゲイトホテル関西エアポート」は1日、9月30日に営業を終了し、閉館すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で訪日客が激減していた。国内有数の超高層ビルとして知られる「SiSりんくうタワー」に入っている。

ホテルのウェブサイトによると2011年7月に開業した。客室は358室で、宴会場やチャペルを備える。

大久保智司総支配人は共同通信の取材に「先の見通しが立たない。断腸の思いで、苦渋の決断だ」と述べた。

関西エアポートが発表した5月の関西空港の運営概況(速報値)によると国際線の旅客数は前年同月比99・8%減の4597人で、このうち外国人は2589人にすぎない。関西では訪日客需要に依存した観光施設が多く、経営が深刻な打撃を受けている。(共同)