世界保健機関(WHO)当局者は7日の記者会見で、新型コロナウイルスがせきやくしゃみなどで飛沫(ひまつ)感染するだけでなく、結核やはしかなどと同様に微粒子で空気感染する恐れがあるとの指摘に関し、あらゆる感染経路の可能性を精査していると述べた。

当局者は「閉鎖された、人が多い、換気が悪い公の室内といった状況では特に、空気感染が起きる可能性は完全には否定できない」と説明。こうした環境に入ることを避け、換気を十分に行うことや、流行地域で対人距離が取れない場合のマスク着用を勧めた。(共同)