立憲民主党の枝野幸男代表は12日、新型コロナウイルスの新規感染者が増加している東京都を対象に、緊急事態宣言を再発令すべきだとの認識を示した。視察先の千葉市内で記者団に「何もせずに放置している状況は許されない。少なくとも東京を中心にして緊急事態宣言を出すべき客観的な状況だ」と述べた。

再発令を否定する政府に対し「政府と東京都はデータを示して、第1波の時とは違うことを具体的に説明する責任がある」と強調。「それなしに感染者が増えたら明らかな政治責任だ」とも指摘した。

打撃を受けた業界を支援する「Go To キャンペーン」については「まずは感染を抑えないと、半年後や1年後に結果的に大きな打撃になる」と疑問視。廃業などの危機にある観光業者に対する直接支援を優先すべきだと主張した。(共同)