厚生労働省は12日、海外から成田や羽田、中部の3空港に到着した10歳未満~40代の男女20人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。発熱やせきなどの症状はなかった。空港検疫で感染が確認されたのは計394人となった。

厚労省によると、20人は10~11日に空港に到着。居住地は神奈川が5人、愛知4人、埼玉2人で、栃木、東京、岐阜、兵庫は各1人。5人は非公表とした。それぞれ、フィリピンやパキスタンのほか、英国、ペルー、サウジアラビアに行動歴があった。

(共同)