熊本県は13日、豪雨対応の応援で派遣されていた高松市の30代男性保健師が同市に戻った後、新型コロナウイルスの検査を受けた結果、感染が判明したと発表した。高松市も同日、この保健師の感染確認を明らかにした。

熊本県によると、高松市職員の保健師は香川県を通じて派遣された。8日に熊本県内に入り、人吉市内の中学校や多良木町の高校の旧校舎で、同県球磨村から避難してきた人の健康確認などを担当。保健師が活動した避難所は消毒を行った。

保健師は12日に高松市に戻り、新型コロナの検査を受け、感染が分かった。保健師は活動中マスクを着用しており、熊本県は「避難者に感染した可能性は低い」としている。

熊本県の蒲島郁夫知事は、被災地を訪れる自治体職員や報道関係者に対し「基本的な感染防止対策を徹底してほしい」と要請。一方、被災地では人手が足りないため、引き続き自治体職員の応援を求める意向も示した。(共同)