14日午前7時10分ごろ、神奈川県海老名市柏ケ谷の市道で、男性が運転するワゴン車が歩行者の会社員佐藤昭夫さん(68=同市)をはね、前方の車と接触した後、のり面に突っ込んだ。佐藤さんは病院に運ばれたが死亡、ワゴン車の男児が意識不明の重体となった。

運転していた男性も一時意識不明だったが、意識を取り戻した。海老名署は回復次第、事情を聴く方針。

署によると、現場は相鉄線沿いの緩やかな下り坂。ワゴン車は佐藤さんと接触後、約300メートル先ののり面に衝突して止まった。署が事故原因を調べている。(共同)