総務省は14日、国民1人に10万円を配る特別定額給付金について、10日までに総世帯数の86・7%に当たる約5072万世帯に給付を終えたと発表した。8日時点から2・7ポイント伸びた。人数は約1億1190万人。

給付金は原則、市区町村が世帯主の金融機関口座に家族分をまとめて振り込む。申請期限は、住んでいる市区町村で郵送の申請受け付けが始まってから3カ月で、総務省は早期の手続きを呼び掛けている。(共同)