共産党の田村智子政策委員長は14日、日本記者クラブで会見し、党が提唱する野党連合政権が実現した場合の入閣に意欲を示した。「私たちのような頑固な政党が政権に入って踏ん張ることも必要だ。閣僚を目指さないといけない」と述べた。

共産党はこれまで、閣内協力と閣外協力の両方があり得るとの立場を示していた。田村氏は「責任を持って連立政権を呼び掛けるなら、ずっと閣外にとどまるとは思っていない」と強調した。

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ「野党が政権構想を示すことが喫緊の課題だ」と指摘。立憲民主党の枝野幸男代表が示した「小さな政府」からの脱却などの政権構想案に関し「共通する問題意識がいくつもある。協議を開始したい」と評価した。(共同)