26日午後0時5分ごろ、岩手県奥州市の水沢競馬場の厩舎(きゅうしゃ)エリアで、輸送車に乗せようとした競走馬1頭が逃げ出した。馬は約600メートル先の国道で一般男性が捕まえ、厩務(きゅうむ)員に引き渡した。けが人や車両との接触はなかった。

岩手県競馬組合によると、逃げたのは千葉幸喜厩舎のスガノブリランテ=牡5歳。盛岡市の盛岡競馬場のレースに出走するため輸送車に乗せようとしたところ、興奮して逃げたという。

馬装具で舌を切り出血したため、レースには出られなかった。(共同)