立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党は31日、憲法53条に基づく臨時国会召集の要求書を大島理森衆院議長に提出した。新型コロナウイルスの感染が再拡大する中でも、「巣ごもり」のまま発信しない安倍晋三首相に国会での説明を迫る狙い。立民の安住淳国対委員長は提出後「事態が悪化する中、国会を開かないのは政府の怠慢だ」と述べたが、安倍内閣は早期召集に否定的。首相は30日、取材に「課題を整理した上で与党とよく相談したい」と、述べるにとどめた。

早期の国会召集をめぐっては、東京都医師会の尾崎治夫会長が先月30日「コロナウイルスに夏休みはない。一刻も早く国会を開いて国ができることを示してほしい」と異例の訴えを行うなど、国会内外で拡大している。