北海道の鈴木直道知事は31日記者会見し、客が札幌市の繁華街・ススキノのキャバクラやホストクラブなど接待を伴う飲食店を選ぶ際に参考になるよう、適切に新型コロナウイルスの感染対策をしている店の名前を道のホームページで公表する考えを示した。

道と札幌市が8月上旬から約500店を戸別訪問し、感染防止策を働き掛けることも明らかにした。

訪問の際には換気や消毒などの対策の実践や、感染者と濃厚接触した可能性がある客にメールで通知するシステムの導入を促す。その後、適切に対応していることが確認できれば、店名を公表したり、感染対策実施を証明するステッカーを配布したりする。

鈴木知事は「これから夏休みやお盆を迎え、人の動きがさらに活性化することが予想される。感染拡大防止の取り組みを再確認し、必要な対策を改めて行うことをお願いしたい」と述べた。(共同)