愛知県の大村秀章知事は31日の記者会見で、県内で193人の新型コロナウイルス感染を確認したと明らかにした。名古屋市での感染確認が102人を占める。1日当たりの感染発表数で過去最多を更新した。100人超は28日から4日連続。県内の累計は1798人。

大村知事は「ピンポイントでの規制をお願いせざるを得ない状況が迫っている」と述べ、感染が広がっている名古屋市内の繁華街に限定した休業や営業短縮要請の必要性に言及。感染状況を分析し慎重に判断する意向を示した。

隣県の岐阜や三重の知事が31日、名古屋市への往来や同市での飲食を控えるよう求めたことに大村知事は「両県とも名古屋に近い」として理解を示した。

30日時点で県内の感染者1015人のうち、204人が入院し、17人が無症状や軽症の人向けの療養施設に入所する一方、578人が医師の判断で自宅療養している。県の関係者によると、名古屋市内のビジネスホテルを借り上げ、800室規模の療養施設を来週にも開設するという。