JR東海が31日発表した2020年4~6月期連結決算は、純損益が726億円の赤字(前年同期は1313億円の黒字)に転落した。

新型コロナウイルス流行で、収益の柱である東海道新幹線の利用客が前年同期比84%減と大きく落ち込んだことに加え、ホテル事業などが苦戦したことが響いた。

JR東海によると4~6月期で最終赤字となったのは、四半期決算の公表を始めた03年以来、初めて。四半期ベースでの赤字は10年1~3月期以来となった。

売上高は前年同期比72・7%減の1287億円。緊急事態宣言により出張や旅行を控える動きが広まり、東海道新幹線の利用が低迷。グループの百貨店、ジェイアール名古屋高島屋の売り上げやジェイアール東海ホテルズの宿泊収入も大幅減となった。

同日発表した7月1~30日の東海道新幹線利用者も前年同月比68%減と苦戦しており、厳しい状況が続きそうだ。

JR東海は広告宣伝費を抑えるなど経費削減に取り組む方針。設備投資計画も変更する可能性がある。一方、建設中のリニア中央新幹線については、予定通り進めていくとした。

21年3月期の業績予想については、新型コロナによる影響が不透明として引き続き未定とした。JR東海は「大変厳しい。新型コロナの感染再拡大の動きもあり、先が見通せない」と話している。(共同)