ジョンソン英首相は7月31日、新型コロナウイルス対策で休業が続く娯楽施設の再開を8月1日から認めるとしていた方針を転換、延期すると発表した。英国では感染者が再び増加傾向にあり、「第2波」への警戒を強めた形だ。

緊急に記者会見したジョンソン氏は、ロンドンを含むイングランド地方での人口当たりの感染者の割合が、5月以降で初めて増加に転じたと指摘。イングランドで1日から予定していたボウリング場やスケート場、カジノなど屋内施設の再開を少なくとも2週間延期するとした。

また公共交通機関やスーパーなどでのマスク着用義務を、8日から他の屋内施設にも拡大する方針を示した。

7月31日には、マンチェスターなど英中部の複数の都市で地域限定の行動制限を導入。ジョンソン氏は「方針転換は多くの人に大打撃となるが、リスクは取れない。マスク着用などルールを守ることが、再び全土でのロックダウン(都市封鎖)を避ける方法だ」と強調した。(共同)