韓国検察は1日、保健当局の新型コロナウイルスの防疫措置を妨害したとして、感染病予防法違反容疑などで、新興宗教団体「新天地イエス教会」の教主、イ・マンヒ容疑者を逮捕した。韓国メディアが報じた。

同教団では、2月に南東部大邱の教会で礼拝した信徒を中心とした集団感染が発生。教団が防疫措置に協力しなかったため、市中感染を招いたとの非難が殺到していた。

当局が感染状況の把握に向けて教団側に信徒名簿の提出を要請したのに対し、イ容疑者は意図的に一部が抜け落ちた名簿を提出した疑いなどが持たれている。(共同)