漫画やアニメのキャラクターに扮(ふん)するコスプレの世界最大級のイベント「世界コスプレサミット」のオープニングセレモニーが1日、名古屋市内で開かれた。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で例年行っている市内でのパレードなどを中止し、動画配信の形で開催した。

同市の河村たかし市長も人気漫画「鬼滅の刃」に登場するキャラクター冨岡義勇の姿で参加。刀を振りかざしてポーズを決め、「名古屋から日本、世界を元気に」と呼び掛けた。サミットでは1、2日両日に世界各国のコスプレーヤーが参加して24時間連続で動画を配信する。

サミットは2003年に国際交流を目的に始まり、実行委員会には名古屋市や愛知県、外務省などが加わっている。  (共同)