東京都八王子市のスーパーで3人が射殺された事件が7月30日で発生から25年となり、被害者の1人矢吹恵さん(当時17)が通っていた東京都町田市の私立桜美林高で1日、追悼礼拝が行われた。

礼拝があった部屋の机には矢吹さんの写真とヒマワリの花束が置かれ、同級生や当時の教師ら16人が静かに祈りをささげた。

中学、高校の同級生だった会社員鷹野めぐみさん(42)は「もし生きていたらと考えても、42歳の彼女の顔が思い浮かばない。私たちだけ年を取っていると思うと寂しい」と涙を拭った。事件については「捜査技術の進歩で分かるようになることもある、と希望を持っている。犯人は亡くなっている可能性もあるが、それでも解決してほしい」と語った。

事件は1995年7月30日夜に発生。スーパー「ナンペイ大和田店」の2階事務所で、アルバイトの矢吹さんら女性3人が何者かに頭や顔を撃たれ殺害された。 (共同)