2日午前8時15分ごろ、川崎市川崎区扇島の首都高速湾岸線で乗用車2台が絡む事故があり、夫婦が死亡、1人が負傷した。神奈川県警高速隊は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、後方から衝突した車を運転していた会社役員彦田嘉之容疑者(50)=東京都江戸川区=を現行犯逮捕した。

高速隊によると、彦田容疑者の高級車ポルシェが前方を走っていた乗用車に追突し、乗用車の無職内山仁さん(70)と妻美由紀さん(63)=東京都江戸川区=が死亡した。追い抜こうとしていたとみられ、「100キロ以上出したことは間違いない。(速度を)出し過ぎた」と話している。

美由紀さんは事故の衝撃で車外に投げ出されており、高速隊は彦田容疑者が相当なスピードを出していたとみて捜査している。容疑者にけがはなかったが、同乗の男性が腹を打って病院に搬送された。

現場は片側3車線の直線で、制限速度は時速80キロ。(共同)