福岡市中央区の商業施設で20代女性が刺され、殺害された事件で、女性の上半身を中心に多数の傷があったことが29日、福岡県警への取材で分かった。

女性は同市南区のアルバイト吉松弥里さん(21)。捜査関係者によると、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した自称無職の少年(15=住所不詳)とは面識がないとみられる。県警は少年が殺害に関与したとみて、死因などを調べている。

県警によると、事件は28日午後7時半ごろに発生。同市中央区地行浜2丁目の商業施設「マークイズ福岡ももち」1階の女子トイレで、吉松さんが血を流した状態で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。少年は刃物を持っていたことを認めているが、説明につじつまが合わない点があるという。

逮捕容疑は28日午後7時半ごろ、施設内で刃渡り約18センチの包丁1本を携帯した疑い。(共同)