菅総裁は14日、党役員人事の大枠を固めた。見事な「派閥均衡」となった。総務会長に佐藤勉元総務相(68=麻生派)、政調会長に下村博文選対委員長(66=細田派)、選対委員長に山口泰明組織運動本部長(71=竹下派)を起用する方針。幹事長は「菅-二階ライン」の二階俊博氏(81)が続投する。総裁選で菅氏を支持した細田、竹下、麻生各派が平等に起用された形。佐藤、山口両氏は菅氏と初当選同期、山口氏は総裁選で菅陣営の事務総長を務め、「論功人事」と指摘も出そうだ。官房長官の有力候補だった森山裕氏の国対委員長続投も決まった。