視聴者宅を訪れた職員を撮影し、その動画をインターネットに無断で公開したなどとして、NHKが「NHKから国民を守る党」や同党の立花孝志党首らに対し、1100万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。NHKが15日、明らかにした。

NHKによると、現在の同党副党首が昨年9月、職員を待ち伏せて撮影して追い回し、職員の氏名と共にネット上に公開したという。NHKの担当者は「職員らが安心して業務に携わることができない」としている。

立花党首は動画投稿サイトで、NHKと争う姿勢を示した。(共同)