埼玉県熊谷市で2015年、住民6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われたペルー人、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(35)の無期懲役が確定することを受け、妻加藤美和子さん(当時41)と小学生の娘2人を亡くした男性(47)が15日、東京都内で記者会見し「上告しなかった検察に裏切られた思いだ」と批判した。

裁判員裁判だった一審さいたま地裁は、被告の完全責任能力を認めて求刑通り死刑を言い渡したが、二審東京高裁は心神耗弱で無期懲役とした。検察側は上告を断念し、最高裁が今月9日に被告の上告を棄却した。

男性は死刑を破棄した二審判決を「被害者側の気持ちをくみ取ってくれなかった」とし、上告断念時の検察側の説明にも納得できなかったと明かした。「この5年間は長いようで短かった。望みはないかもしれないけれど、もう一度裁判をやってほしい」と悔しさをにじませた。

二審判決によると、15年9月14~16日、金品を奪う目的で住宅3軒に侵入し、加藤さんの長女美咲さん(同10)、次女春花さん(同7)ら6人を刺殺した。(共同)