大阪府警曽根崎署は15日、電車で女性のスカート下に小型カメラを差し入れたとして、府迷惑防止条例違反(卑わいな行為の禁止)の疑いで、南税務署(大阪市中央区)職員の加藤浩容疑者(51=京都府京田辺市)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は15日午後6時10分ごろ、大阪市の大阪メトロ御堂筋線本町-梅田間を走行中の電車内で、市内に住む20代の女性の背後に立ち、バッグの外側にクリップのようなもので取り付けた小型カメラをスカート内に向けた疑い。

曽根崎署によると、近くにいた30代男性が目撃し、加藤容疑者が降車した後に声を掛け駅員に引き渡した。容疑を認めている。(共同)