昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた参院議員河井案里被告(46)の公判が16日、東京地裁で開かれた。高橋康明裁判長は、夫で元法相の衆院議員河井克行被告(57)が前日に弁護人を解任したのに伴い、夫妻の公判を分離した。

克行元法相は新たな弁護人が決まるまで、公判が開かれないとみられる。案里議員はこの日出廷し、検察側が元法相の公設第2秘書光元博美氏を証人尋問。

克行元法相は15日、弁護人6人全員を解任した。過密な証人尋問日程の見直しや保釈が認められないことに不満を抱き、弁護人交代を決めたとみられる。

これまでの公判では、夫妻の公設第1秘書2人や陣営の会計を担当した女性が出廷し、克行元法相が選挙運動を取り仕切る「総括主宰者」だったとする検察の主張に沿う証言をした。

河井夫妻は地元議員らへの現金供与をおおむね認めた上で買収の意図は否認、無罪を主張している。

    (共同)