立憲民主党の枝野幸男代表は16日の党両院議員総会で、臨時国会が質疑を行わず18日に閉幕することに関し「新政権に国民の声を伝える場が国会だ。本格論戦の臨時国会を一日も早く開かせたい」と述べた。同時に「衆院解散・総選挙にも備える」と強調した。

安住淳国対委員長は国会内で記者団に、安倍内閣からの再任が目立つ菅新内閣の陣容について「解散政局になりつつあるので、新人を立てて失敗するリスクを取りたくないのだろう。仕事師を集めたのなら、レベルの高い国会論戦を早くすべきだ」と求めた。

社民党の福島瑞穂党首は党両院議員総会で「新自由主義で富裕層を優遇し、規制緩和の名の下に社会保障や雇用を壊す内閣になるのではないか」と警戒感を示した。(共同)