青森県つがる市の自宅で父親(49)を刺したとして殺人未遂容疑で逮捕された高校の男子生徒(16)が、県警の調べに「自分の中の問題を解決するためにやった」という趣旨の供述をしていることが16日、捜査関係者への取材で分かった。家庭や学校で目立ったトラブルはなく、県警は精神的な悩みが動機となった可能性があるとみて調べている。

県警は16日午後、容疑を殺人に切り替えて男子生徒を送検する。

県警によると、男子生徒は14日午後3時20分ごろ、父親を殺害しようとして首を刺すなどした疑いが持たれている。父親は自宅敷地内の屋外で倒れており、その後死亡した。(共同)