埼玉県警は16日、建築現場や車両内に置いてあった電動工具などを繰り返し盗んだとして、窃盗や建造物侵入の疑いで、さいたま市北区の無職■戛島誠一容疑者(45=窃盗罪などで公判中)を追送検した。埼玉と千葉の両県で起訴分を含めて計251件、総額約5700万円相当の被害を確認し、捜査を終えたとしている。

追送検容疑は2017年1月~今年3月、さいたま市の月決め駐車場など231カ所で、電動工具や現金、温水洗浄便座などを盗んだ疑い。

県警は今年3月、同市のパチンコ店駐車場で車両内から電動工具を盗んだ疑いで逮捕し、被害の全容を調べていた。(共同)

※■は木ヘンに勝の旧字体