高市早苗総務相は16日の閣議後記者会見で、自身の任期を振り返り「やり残した仕事はNHK改革。道半ばで悔しい限りだ」と語った。「受信料を何とか引き下げる方向をしっかり進めたかった。後任の武田良太氏に託したい」と期待を寄せた。

高市氏は、アンテナを設置済みの集合住宅の入居者が、衛星放送の受信を希望していないのに契約を結ばなければならなくなるなどの「受動受信」の問題を指摘。「若年層や高齢層の世帯に大きな負担となっている」と強調した。(共同)