京都府弓道連盟などは16日、新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、京都市東山区の三十三間堂で来年1月17日に開催予定だった第71回「大的(おおまと)全国大会」を中止すると発表した。弓の伝統競技「通し矢」に由来し、新成人らが弓の腕前を競う新春の恒例行事で、中止は今回が初めて。

感染の終息を見通せる状況になれば、代替大会の開催を検討するとしている。(共同)