米フェイスブック(FB)は16日、眼鏡型端末の開発で、フランスの眼鏡大手エシロールルックスオティカと提携したと発表した。第1弾の製品として来年、「レイバン」ブランドの眼鏡型端末を発売する。機能や価格は明らかにしなかった。

両社は声明で「消費者に愛される端末を作るため、革新的な技術とファッション性の高いスタイルを組み合わせる」と述べた。FBは将来的に、現実に架空の物体を重ねて写す「拡張現実(AR)」の機能を備えた端末の実現を目指している。

FBはまた、仮想現実(VR)を体験できる新型のゴーグル型端末「オキュラス・クエスト2」を10月に発売すると発表した。価格は299ドルから(日本は3万7100円から)。処理性能を高め、価格を前モデルより引き下げた。

FBのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)はオンラインで開いた開発者向けイベントで「クエスト2は第1世代よりも軽くて高速で、解像度も優れており、100ドルも手頃だ」とアピールした。ゲームなどを楽しめる。(共同)