泥棒対策で仕掛けられていたおもちゃの紙幣7枚を盗んだとして、愛知県警西尾署は28日、窃盗などの疑いで、同県西尾市一色町、自称自営業清水旭容疑者(42)を逮捕した。同署によると「全く身に覚えがない」と容疑を否認している。

同市の女性(78)は6月、自宅の仏間から現金約20万円を盗まれる被害に遭った。女性が自衛策で同じ場所におもちゃの紙幣を置き、防犯カメラを設置しておいたところ、7月中旬に何者かが侵入、おもちゃの紙幣が盗まれる事件が発生した。

同署によると、防犯カメラの映像などから清水容疑者が浮上。6月の事件にも関与した疑いがあり、無施錠の窓から侵入、おもちゃの紙幣を現金と間違えて盗んだとみて裏付けを進めている。

逮捕容疑は7月15日午前4時ごろ、女性宅に侵入し、おもちゃの紙幣7枚を盗んだ疑い。(共同)