宮内庁は28日、三笠宮妃百合子さま(97)が心不全と診断されたと発表した。肺炎のため、24日から東京都内の病院に入院していた。百合子さまは皇室最高齢。

宮内庁によると、百合子さまは会話もでき、容体は安定している。2~3週間程度入院し、投薬で治療する。

百合子さまは入院の数日前からせきや体のだるさといった症状が続いていた。心不全は入院後の検査で判明した。新型コロナウイルスへの感染の有無を確認するためPCR検査も受けたが、陰性だった。(共同)